サムスンは今後3年間と述べ、同社は意志の配当や株式の買戻しの30%〜50%の年間フ

サムスンは今後3年間と述べ、同社は意志の配当や株式の買戻しの30%〜50%の年間フリー・キャッシュ・フローは、株主に戻ります。また、サムスンはまた、来年は株式配当に応じて、各四半期に付与されている可能性があり、新たな配当の支払いを検討しています。 シャネル iphone7ケース 安定化した携帯電話事業 サムスン電子は、世界最大の家電メーカーで、世界初のより多くの製品カテゴリーです。しかし、今年、サムスンスマートフォン事業の行き詰まりは、携帯電話事業の低迷により相殺幸い、同社の半導体事業の目を引くパフォーマンス、。 半袖Tシャツコピー 業界は一般などHuawei社、キビ、レノボ、だった中国、インドおよびその他の市場で、サムスンのローエンドおよびミッドレンジの携帯電話市場シェア、ダブルアタック中国と米国の費用対効果の高い携帯電話メーカー、アップルにそのサムスンの携帯電話事業を考えられています同社はサムスンのローエンド製品は、コストや中国企業に比較することはできません、浸食され、中国のシェアは、彼の主なライバルの三分の一に縮小しました。 同時に、Appleの携帯電話は、大画面のターンの後、サムスンはまた、大画面の携帯電話市場のシェアを侵食され、大画面サムスンの利点であり続けることはできません。 最新iphone7ケース 最近、米国の技術市場調査会社IDCは、第三四半期の市場レポートに世界のスマートフォン市場をリリースし、報告書のショーは、世界のスマートフォン市場でトップ5に、サムスン電子は、最初の配達は最も遅い、唯一の6.1%増にランク、AppleHuawei Technologies社の成長は22%と61%と高いありました。 2つのライバルは、サムスン電子のシェアを飲み込みました。 シャネルiphone7ケース 過度の依存中国市場で、サムスンのライバルAppleは良い形で現在あることを言及する価値があるハイエンドの携帯電話の独占利潤が、Appleは、単一のビジネスの非常に深刻な問題を抱えている、携帯電話事業への過度の依存。 Appleは異なっており、ビジネスのサムスンのラインもサムスン電子の全体的な状況を安定化することができ、携帯電話事業の変動やその他の電子・電気事業の低迷にもかかわらず、非常に大きいです。 エルメス iphone7ケース